2016年

11月

16日

自主保育たけのこ2016.11.18活動報告

11月18日(金) 秋のたけのこ遠足報告

こどもの国

参加者 大人 9人、子ども 10人、合計19人の大グループでした!



今日はとっても良い天気のなか、秋を満喫した遠足でした。

赤や黄色に紅葉した葉っぱたちをひろったり、カサカサ踏んだり♪大きなトンネルくぐって坂を下ってやって来た牧場からは、動物との触れ合いを楽しみました。

その後は、最初に決めていた目的地へ進む組と、ソフトクリームを堪能する組と、どんぐり拾いをする組でどんどんと差が開き…汗

集合しきる前に子どもたちの限界が来て、ごはん→お昼寝の為続々とタイムアウト。

有り難い事にグループ毎に感想いただけたので、そのまま載せちゃいます。


☆お昼の集合場所に決めた広場へ向かうも、思ったよりこどもの国は広くて遠い道のり…

せっかくみんなで来たのに離れてしまったし、2歳くらいのちびっこにはちょっと移動距離が厳しかったなぁと反省。


紅葉を片手に真っ赤だなぁ〜♪と歌いながらお腹を空かせた2歳児を抱え、広場へようやくついたころには、母はヘロヘロ、、、体力つけなくちゃ(笑)


遊具では、遠足で来ていた小学生たちに影響を受けたらしく、普段登らないような遊具に真似して登ってみたり、全身をつかって果敢にチャレンジしていて、ハラハラドキドキしながらも、成長を嬉しく感じました。


☆ソフトクリーム組は、動物を見るより先に、子どもそっちのけでソフトクリームの濃厚な味を楽しみました( ´艸`)

季節的に、牛乳の味にコクがあっておいしかった♪

そしてソフトクリームをゆっくり食べる時間なんて生まれてからないよね~!なんて話をしてました。


そのあと、牛さん、羊さんに餌やり体験をし、さらに馬さんにニンジンをあげる体験をしました。

子どもはビビりながらも、最初少しだけ餌をあげられて、なかなかの度胸を見せました!馬さんのニンジン食いつきが迫力あって、すごく間近でもぐもぐしてたのが印象的でした。


☆おそらく最後尾を、Yくん、Sちゃん&Yくん姉弟、娘、と歩いていましたが、落ち葉のフカフカ道を皆で歩いたり、木から落っこちたフサフサを集めて並べてみたり。どんぐりや落ち葉を拾ったり。動物にも遊具にもまだたどり着いてないのに、すでに魅力的なものばかりの道中でした。

Yくんのベビーカーを、一緒に押してあげていたSちゃん。お姉ちゃんなんだなぁ、ととっても頼もしかったです。

どうぶつ広場も、広がる牧場な風景に、今朝あんなに慌ただしかったのが抜けてくようでした。ここのイチョウの葉っぱが風にハラハラ舞うのもとっても素敵だった・・・

お昼の後ミルクプラントで食べたソフトクリーム、とても濃厚でおいしかったです!娘の食いつきがすごかったです;食べていると園内を周遊するあかポッポ号(ネーミング可愛い・・・)がやってきてしまい、乗り場へ走ったのも楽しかったです(笑)車内での皆の表情が、少し緊張したようにも見えて可愛かった・・・

家族で来た時とまた違って、お友達と一緒だとどんなことでも楽しいんだなぁ、と見ていて自分も新たな発見をした気分です。とっても広くて、まだまだ行きたい、遊びたい場所がいっぱいのこどもの国、また遠足でこれたら嬉しいです!



感想くださった方々どうもありがとうございました!グループが分かれてしまった時は少し心配でしたが、皆さん思い思いで楽しめられた様子が感想から伝わります。


次のたけのこでは、虹染めをやります。お洋服やさらしを、綺麗な虹色に染めるそうです。楽しみですね。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。