2016年

3月

28日

自閉症啓発デイ《4・2》に寄せて②ビジョントレーニング講座

自閉症啓発デイに向けて、少しずつ紹介したいことをお話しするシリーズ、今回はビジョントレーニングの話をしたいと思います。

学習障害のなかの「識字障害」「書字障害」に当てはまる子どもたちの、困りごと改善に効果がある目のトレーニングのお話しです。

私たちは、「視力」に問題がなければ、「見えるはず」と思い込んでいるので、

視力1.5の子どもが、黒板の板書ができなかったり、教科書の音読ができなかったりすると

「やる気の問題」
「怠けているだけ」
「練習不足」

と断じてしまいがちですが、じつは、「見える、見えない」ということは、もっと複雑な視機能の問題が絡んでいるのです。

例えばね。

私たちは、読みかけの本を開いて、続きを読もうとした時、ざっと目で追って、ここだ!っていう段落からすっと読み続けることができるでしょう?

そのページの先頭から読み返して、「あー、ここだった」って探し方はしないでしょう?

雑然とした引き出しの中から、ホチキスを探す時、中身をいちいち全部取り出して確認しなくても、ざっと全体を見渡して、「これだ!」とホチキスを取り出せるでしょう?

どちらも同じ目の機能が使えるからできることなんです。

跳躍性眼球運動っていいます。

1秒間に何箇所も視点を動かして目標物を探すことができる機能です。

眼球の動きが悪い子たちは、これができません。

これは一例ですが、眼球の運動機能の問題でできないことが、学習の問題に直結してしまうんですね。


なぜ今、このビジョントレーニングの話をご紹介しようと思ったかというと、近々、近隣でその道のスペシャリストが講座を開かれるからなのです!!

タイミングばっちり!

4/23 八王子市南大沢での開講です!
   


どんな講座なのか、あらかじめ知ってから参加したい方のために、私が過去に受講した時の記録を掲載しておきますね。


うちの子、もしかして?と思いあたるお母さん、ぜひ、受講してみてください。

学校の先生方にもオススメしたい講座です!
友だち追加 たけとんぼのLINEアカウントを取りました。 よろしければフォローしていただけると、情報の取りこぼしなどなくて済むかな、と思います。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。