過激さを増している火曜日の話

火曜日は、ちびっこ谷戸歩きと銘打って、私と母ちゃんとちびさんとで、谷戸の周辺で遊んでおります。


四月当初は、慣れない外遊びの導入編的なつもりで、ゆるーっと谷戸に行って、ご飯食べて、ゆるーっと遊んで、ゆるーっと帰って、たけとんぼで遊んで解散、という流れでおりました。

が、ここにきて、もうすぐもりのこを卒会してしまう母ちゃんたちが、谷戸をむさぼりつくそうと(笑)いろんなルートを探検したいようで、16日と23日は、奥の谷戸(通称、馬男爵の谷戸⇒こちら参照)を中心に山を歩いてきました。

 

子どもたちがねえ、ずいぶん歩けるようになってねえ。

それだけでもうれしいのに、藪とか、うっそうとした森とか、昔は怖がって一歩も入ろうとしなかったのに、今じゃ物おじせずに走っていくので、それがまた嬉しくてねえ。

おばあちゃん、もう、涙でそうよ。

 

と、つい孫の成長を喜ぶモードに入ってしまいましたが、いや、ほんと、みんなすっごく成長したので、同じことを同じように面白がれる探検ができるのが何よりうれしいです。

遊んでいるのは、主にこのあたりです。
夏は、湿地なので蚊もヘビもいて、あんまり入りたくないところなんですが今なら平気。
どんどん篠竹かき分けて、進んでいくことができます。

しかし、16日の山歩きがあまりにハードだったためか、23日に集まったのは、ほぼ、木曜ののびるメンバーばかりだったのが、ちょっとあれでしたが。。。(^^;

まあ、今年度ももうすぐ終わりだしね。四月からはまた、ゆるゆる谷戸歩きからスタートなので、今だけ、良しとしましょう。

 

↓こちらが、16日の様子です。谷戸から、山道をちょっと入ればいいだけなので、簡単なコース。

でも、このワイルド感。

23日はもっとすごかった。ルートも大回りしたし、何しろ「立ち入り禁止」のロープが張ってあるところをくぐって行ったので、道が荒れてて、ところどころ足元が崩れるわ、大きな倒木が何本も道をふさいでいるわ。。

 

そして、奥の谷戸二回目の子どもたちは、二月だというのに、服を脱いで水遊びを始めちゃうし。(笑)

ああ、谷戸遊びやっててよかったなあと思った日でしたよ。

その様子がこちら↓

相原ってさ、アリオのある大都会(笑)橋本からたった一駅なのに、こんなにすっごい自然が、これでもかって残ってるんですよ。
知ってた?

相原で一緒に子育てしたい人、一緒に野生児を育てたい人(笑)、どうぞ、遊びに来てください。

火曜の活動は、どなたでも大歓迎です。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。