感覚統合のお話と、学びの意味のお話

うるう年のラッキーなおまけの一日の更新です。(^-^)なんか得した気分。

さてさて、昨日はたけとんぼで感覚統合のお話をしてきました。

これまでは、マニアックな私の詰め込みすぎな講座を消化できない母ちゃんたちが大勢いたんじゃないかという(やっと気付いたのか、というツッコミは無しで。(^^;))反省に基づき、今回からは平易な紙芝居形式にしてみました。

 

もりのこ母ちゃんが二人、聞きに来てくれて、納得納得!の講座だったようです。

感想がもらえたら、またこちらで紹介しますね。

 

絵心の無い私に代わって、難しいところは、お友達のさとうみほちゃん(八王子おんぶ育児の会主宰)が描いてくれました。かわいい!!(^-^)ありがたや。

これを見ただけで、何を説明したいのかが分かる人には必要のない講座ですが、「えええ?子育てが楽になる講座なんでしょう?それと、平均台とジェットコースターが何の関係があるの?」と思う人は、ぜひ聞きに来てください。

 

 

えーと、ちょっと辛口のお話をします。

 

私は、感覚統合のお話を入り口に自閉症の支援のことを、ちょっとずつ独学で学んでいます。
元々、感覚統合のお話は、東京練馬の、光が丘プレイパークで知りました。

子どもの遊びは、自分の発達に必要な感覚の取り込みなんだ、という気付きをもらって、「これは面白い!誰かに伝えたい!」と思って、今に至ります。

最初は、定型発達のお子さんたちの「遊び」という切り口から入った感覚統合のお話でしたが、これが、自閉症支援と結びつくと、脳科学や、子どもの発達の道筋を学ばなければわからないことも多く、こちらもとっても面白かったので、たくさんの本を読みました。

それこそ、学生時代の数倍は勉強したと思います。(笑)

 

そこでわかったことは、①子どもの発達の道筋って、障害の有無にかかわらず同じなんだなってことと②子育てって人権を尊重する視点が無いと失敗するんだな、ってことです。

 

 

①をもっと詳しく言うと、発達って必要な機能を獲得してから次に進むというふうに、「階段状にクリアしていくもの」で、前の機能を獲得してないと、次には絶対いけないようになってるってことなんです。

 

それを知らないと、階段の一段抜かしを強要するような子育てになってしまう。

 

たとえばね、自転車に乗るという行為の獲得のためには、ハンドル操作のための手を自由に動かせる、ペダルをこぐ足を自由に動かせるという、ぱっと見にわかる機能のほかに、「平衡覚が育っている」という事が必須なんです。

 

でも「平衡覚」なんてものの存在自体を知らないと、何でこんなに練習しているのに、うちの子はできないの?と落ち込むか、やる気が無いんだわ、と根性論に走るかしかなくなっちゃうんです。

 

出来ないことを、延々強要されるほど嫌なことってないよね。

でも、特に、自分が育った家庭が「根性論」重視で、それでたいていのことがうまく行っちゃった場合は、お母さんも「根性論」以外のやり方を知らないから、自分の子にも「根性論」を押し付けてしまうんですね。

 

 

 

人が学ぶっていうのは、そういう事なんだなって思います。

 

知らないと、自分のやり方にこだわってしまう。

ほかにやりようなんてない、って思い込んでしまう。

「これはダメだった、じゃあ、次はこれを試してみよう」

という選択肢が生まれない。

 

壁にぶつかった時に、乗り越えていけるかどうかは、選択肢をたくさん持っている方が圧倒的に有利です。

 

子育てって壁にドカーンとぶつかっては砕け散ってるお母さん。

学べることはたくさんありますよ。

 

美和ちゃんの講座「こどもは何も悪くない」には、応用行動分析の手法を用いて、子どもと対立せずにニコニコ日々を暮らせるような知恵が満載だし、

 

私の「感覚統合の視点で子どもの遊びと発達を見てみよう」は、無駄に怒る回数が絶対減ります。ほんとです。

 

どうぞ、子どもと、何より自分のために、学んでみませんか?

 

友だち追加 たけとんぼのLINEアカウントを取りました。 よろしければフォローしていただけると、情報の取りこぼしなどなくて済むかな、と思います。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。