2016年

2月

26日

谷戸保育のびる 電車でGO!

木曜は、谷戸保育のびるの日です。

たけとんぼで、ちびさんたちを母ちゃんからお預かりして、そこから外に遊びに行きます。

たいていは、谷戸や、その周辺で遊んでいるのですが、時々、電車でお出かけもします。
近いところだと、八王子みなみ野とか、片倉で下りて、片倉城跡公園で遊んだりとかね。

先週ののびるは、たくさん歩いてみようと思って、かわらけ谷戸を囲む山をぐるりと回って帰ってくるコースを選んでみました。

 

モーヴァン乗馬クラブの先の入口から山に入り、みなみ野を見下ろしながら東進し、かわらけ谷戸まで戻るコースです。全行程3キロちょっとくらいかな。

それを、軽々クリアできたので、これはもしや行けるんじゃないかと思い、今回は、多摩境から南大沢までを歩いてみたのでした。

朝着いたら、いきなり雪が残っていて、うわー、どうしよう、こんな日に歩いて楽しいかなあ?といきなり不安になるわたし。
でも、やってくる子どもたちは、みんな「電車でのお出かけ」を楽しみにしている様子。
よし、決行だ!

 

母ちゃんたちが、駅までお見送りしてくれて、改札まで一緒に歩きました。
「いってきまーす!」

相原から橋本まで横浜線で一駅。

そこから京王線に乗り換えです。
広い駅の構内で、迷子になることだけが心配でしたが、ここも、何とかクリア。

多摩境まで一駅、電車に揺られます。

駅を降りたら、信号を渡って、階段を上がって小山内裏公園の園路に入ります。

階段があるのに、わざわざ崖を上り、上から滑ってきたHくんにぶつかって転びました。

巻き込まれ事故で泣いちゃったYちゃん。
でも、ちょっと泣いたら、もう元気で、みんなと階段を上って行きました。

 


危ないよっていうのは簡単だし、やめさせるのも超楽勝なんだけどね、それじゃあ、「危ない」のがお互い分からないだろうし。
下から人が登ってきてるのに、上から滑ったら、そりゃ危ないって大人ならわかることも、ちびさんたちはやってみなけりゃわからない。

登ってる子たちも同じよね、上から人が転がってきたらあぶないかも?なんて頭はないから、誰も何も言わない。
「危ないからどいて!」「今はやめて!」って言えたら、お互い事故なく過ごせるよね。
体重の軽い今なら、やらせてみたってそんなに大けがにはならないし、やってみたいなら、やりゃいいさ。

死なないなら、止めないよ。

この経験が、積み重なって生きる時が来ると信じたいです。

 

小山内裏公園でトイレに行って、池を見て、さーて、いよいよ、南大沢までの遠足スタート。

 

このルートの何がいいって、住宅街の真ん中を通る道でありながら、車が全く入れないところなので、交通事故を気にしなくていいのがポイント高いんですね。


そして、途中途中に公園とか緑地があって、休憩ポイントもたくさん。夏は水も流れてる石畳の道は、なんとなくヨーロッパのお散歩道の風情。

今は真冬なので、見て面白いものは特にないけど、春先は桜もすっごくきれいなところなのです。

遊歩道を歩いて、うずまき公園でお弁当をたべ、かくれんぼをしたり、タオルで綱引きしたり、戦いごっこしたり。

思い切り遊んで、駅を目指してまた歩いたのでした。

駅の近くに、れいかちゃんとみどりちゃんが迎えに来てくれて、かけよる子どもたち!
れいかちゃんも、みどりちゃんも、この時泣きそうだったんですって。(^-^)

「帰りに迎えに行った時、しおーぬとゆづが私の胸に飛び込んできてくれたのが、とても嬉しくて泣きそうになりました👊😭✨

ほんとに、みんな大きくなったよね。

しおーぬは、歩く前から知っているので一緒に歩いてきたのが泣ける~😭

ゆづは、見れば泣かれていたのに、抱きつくまでになついたのは感動。ゆづコンプリート‼でした。」

by れいかちゃん

そして、谷戸保育はスタッフ不足で、母ちゃんたちに付き添いをお願いすることも多いのですが、

今回、初登板だったあさみちゃんからは、こんな素敵なお話が聞けました。

「長靴投げが流行ったときにみんな靴下を脱いでたんだけど、ゆうせいが靴下を脱いだときに裏返しになってしまって、それをはるくんが、まずは言葉で丁寧にやり方を説明して、それでゆうせいがうまくできなかったら、裏返しを直してくれたの。ゆうせいはそれを「すごーい」と憧れての眼差しで

見つめながら「ありがとう」と言っていて、とても素敵な二人のやりとりでした」

by あさみちゃん

それを受けての、みどりちゃんのコメント。

 

「なんと素敵なやりとり!

はるちゃんと遊星💕

なんだか別れがつらすぎるよぉ~。

はるちゃんも、遊星も成長したなぁ。

 

 

南大沢のお迎え、みんなの姿が見えたときちょっと泣きそうでした😃」
by みどりちゃん

 

他の母ちゃんたちからも、こんな声が。

 

「お風呂で話したら、電車とお昼が楽しかったと言ってました。

かくれんぼは、すぐ見つかっちゃんだもんだって。

でも、ジャンケンが楽しいみたい(^-^)」

by まきちゃん

 

注)谷戸保育は、その日何が面白かったか?何が嫌だったか?時間があれば、子どもたちに聞いてます。

まきちゃんのコメントは、おうちに帰って、お風呂でともくんにインタビューしてくれたお話を教えてくれてます。

 

「ゆづねの楽しかったのは、かくれんぼで、いやだったのはたたかい?

お風呂に入ったときに問題をいろいろ出してくれました☻」

by さほちゃん

 

注)「問題」というのは、電車待ちの間とか、長く歩くばかりで退屈な時とかに、私が子どもに適当に出してるなぞなぞともよべないものです。

たとえば、「この中で黄色い服を着ていて、ゆがつく名前の人はだーれだ?」とかね。

難しく言っちゃうと、カテゴライズが進み、言語能力が上がる遊びなのだ。答えるのも面白いけど、作るのも楽しいのです。

 

おおっと、まだたけとんぼに到着してないのに、母ちゃんのお話に寄り道してしまった。
そうして、一行はまた電車に乗って、帰途についたのでした。

見て見て。このやりきった感。(^^)

疲れたけど、楽しかったねえ!

そして、こちらは、この日の歩いた距離。
頑張ったなあ、みんな。

面白かったね、またやりたいね。今度は、桜が咲いたら、みんなで行こうね。

卒会が近づくと、思い出作りのために、いろいろ変なことをしたくなる私なのですが、今回の試みは、大成功といっていいでしょう。

 

誰も駅で迷子にならなかったしね!!

 

楽しい楽しい、谷戸保育のびる。

卒会まであと、四回です。最後まで、のびるらしく、楽しみましょう。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。