ちびっこ谷戸歩き2016.1.26報告

じゃーん!!

じゃじゃーん!!


じゃじゃじゃじゃーん!!!


雪と氷の国、相原よりお届けしておりますこのブログ。
2016.1.16に降った雪が、2016.1.26現在も、見事に残っております。

さっむいんだねえ、相原って。^_^
おかげでたくさん雪遊びが出来ます。

こーんな寒いたけとんぼに遊びに来てくれたのは、三組の親子。
よちよち赤ちゃんも一緒です。

赤ちゃん連れの凍りついた谷戸は、連れて行く母ちゃんの方が大変なのに、本当にみんな、よく来てくれるものだなあと、感動します。

それだけ母ちゃんも遊びたいんだろうけど(笑)

庭の砂場セットの中も、お水が凍ってドーナツみたいな氷ができていました。
谷戸の農作業用の水を貯めている風呂おけにも、超立派な分厚い氷が張っていました。

どうしても、その分厚い氷を持って行きたいTくん。^_^
ソリに乗せて運びます。

持って行って、なにがしたい、というわけでは無いのですよね。

だから、
「こんなの持ってって、どうするの?なにに使うの?」
と聞くのは、野暮。^_^
やりたいことに付き合ってあげたらいいんです。

今は、これが運びたいんだね。それでオッケー。
陽が当たるところは、雪も溶けてきていています。 

とけ残った雪を見て、Yちゃんが

「ねえねえ、ぢーこ。チキンみたいな雪があるよ」

と教えてくれました。
ほんとだ!
チキンだね!^_^


谷戸の奥にある「丸山ゲレンデ」(笑)には、まだまだ雪があって、ソリが楽しめます。

子供達を誘って滑ってみたけど、この子たちには、まだスピードが怖いみたいで、いまいち楽しくなさそう。

「公園にいきたい!」
 と言うので、いつもの団地公園に行ったら、公園もこんなんでした!!


恒例の「たすけてくれー」ごっこをしたり
イケてない雪だるまの整形をしてあげたりして(笑)

みんなであそんでから、たけとんぼに帰りました。

あー、今日も楽しかったなあ!

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。