2015年

12月

28日

たけとんぼ大掃除報告

いよいよくれも押し迫った12/28。残すところあと三日のカウントダウンです。


今年も、もりのこ母ちゃんが自宅の掃除も後回しにして、たけとんぼの大掃除をしてくれました。
ちびっ子たちも一緒なので、かえって時間がかかるんじゃないかと思うでしょう?

ところがどっこい、子どもたちは隙間を見つけては、そこで友達同士遊んでいるので、

たぶん、自宅の大掃除より手がかかった印象はないんじゃないかと思います。

これも日頃、母ちゃんたちがせっせと銀河やたけとんぼに子どもを連れ出して、

子ども同士の『仲間づくり』の種まきをしてきてくれたからだよなあ、ありがたいなあと、

掃除しながら横目に子どもを眺めては思っていました。

 

今日はそんなお掃除のご報告。

まずは、こたつ布団や中敷、カーペットを外に干し、いただいたまま虫干ししていなかったシュラフの類も干し、床を見えるようにしてから作業に取り掛かります。

不用品を捨てて捨てて捨てまくり、ゴミをまとめ、使えそうなものは引き取り手を探し(美紗子ちゃん、大量の板剤やら額縁やら、押し付けて後免なさい。ありがとう!!)、押し入れも天袋もずいぶんすっきりしました。
ちなみに、この写真のごみたちは、大きなものは相模原の下九沢にある粗大ごみの引き取りセンターに持ち込みで処分していただきましたが、全部で400円ちょっとだったかな?(小さくカットできるものは、50センチ以下にカットしていくと、粗大ごみではなく一般ごみで受け入れてもらえます。)
持ち込むと意外とお金はかかりません。

それにしても、毎回思うのだけど、大掃除の極意はいかに「捨てることができるか」にかかっていますよね。
「何かに使える」「いつか使える」は、まず出番が無いまま一年たつものです。
実際、たけとんぼでも昨年「何かに使える」と取っておいたものが、今年大量に捨てられました。

そして、こういう作業をしていると、本当に得意不得意が分かれるなあと思うのですが、私は「捨てる」ことは全くためらいなくできるのに機能的な整理整頓が壊滅的に苦手です。
ところが、もりのこかあちゃんたちは、大変主婦力の高い方々が多くて、私が押し入れと格闘している間に、台所がびっくりするくらいきれいになり、機能的に収納されていっちゃうのですよ、これが!

(断舎利名人みやぞう先生、あいちゃん、まゆみちゃん、ありがとう、台所と元お風呂がぴっかぴか!!)

 

すっごいなあ。
人類の理想形の縮図。

どうやったって、個人には凸凹があるんだから、足りないところは補ってもらって暮らせるのがベストよねー。

そんなこと考えていたんですけど、これは、できない人間のいいわけなのかしら??(笑)

いや、そんなことないはず!

 

 

そうこうしている間にも、子どもたちは、勝手に遊んでおりました。

まあ、もちろん、小っちゃい赤ちゃんが砂を食べてたり、泥んこになってたりすると、

庭の片付けにまわってくれていたみーなちゃんが小まめに対応してくれたり、

まきちゃんが、子どもにできそうなガラス拭きをやらせてくれたりと、いろいろ技を繰り出してくれていたのですが。

ありがとうね、みーなちゃん、まきちゃん。

ガラス拭きをする子どもたちと、リアルシンデレラ。(笑)

干してある座布団がほかほかあったかい中、みんなでお昼ご飯タイム。

最後にもう一回全体に掃除機をかけて。。

(アーニャ、鴨居の雑巾がけありがとう!たぶん、年単位でやってなかったんだと思う。(^^;真っ黒だったねー)

 

見事にきれいになったたけとんぼがこちらです。

【特に注目してほしいのが食器棚の雑巾類です!!】

 

これまで、ふきん、台拭き、ぞうきんがめっちゃクチャになっていることが多くて、困っていました。
雑巾の位置がわかりにくかったっていうのもあるんですけども。
今回、ちゃんと仕分けしてくれたので、もう間違えませんよね。(^-^)

それと、たけとんぼにある「雑巾」は利用される方が使ってくださって構いませんが、「ふきん」はもりのこ専用です。
雑巾、台拭きは、水洗いで構わないけれど、ふきんは衛生的にそうはいかないので、もりのこかあちゃんが持ち帰りでお洗濯してくれています。

れんたる利用される皆さんは、ふきんだけは、必ず持参してお使いくださいね。

そして、台拭き、ぞうきんは、水洗いして、乾してからお帰り下さいね。

 

 

こうして、たけとんぼ大掃除は無事に終わり、美しく年が越せるのでありました。
さ―て、自分ちの掃除、お風呂くらいはやるかなー。頑張ります!

来年も、たけとんぼをよろしくお願いいたします。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。