2015年

12月

13日

ゴージャスな日曜日!応用行動分析&感覚統合

どもども、なんだか、ブログはご無沙汰です。

ずっと余裕が無くて、時々思い出したように、FACEBOOKページの更新だけしてました。


いよいよ12月ですねえ。相原は寒いです。

初霜も降りたようで、たけとんぼの庭のはやとうりも枯れてしまいました。

寒いけど、嫌いじゃないよ、冬。

乾燥した空気はじとじとしてるのより、ずっと気持ちいいし、空は青いし、猫はこたつで丸くなるし。

さて、そんな12月ですが、今月は、自閉っこ関連の講座や、茶話会が目白押しです。

 

全部あげてみましょう。

①12/9(水曜) 10:00-15:00 おめめどうセミナーシェア会

②12/13(日曜) 10:00-12:00 ゆっくりさんとあるこう

③12/13(日曜) 13:30-16:00 感覚統合の視点で子どもの遊びと発達を見てみよう

④12/16(水曜) 10:00-14:00 うちの子どーする?

 

「おめめどうセミナーシェア会」は、幼児期から思春期、青年期、と、どのライフステージにあっても、「障害を持つ人たちの居心地いい暮らしのためには何が必要か」ということを、教えていただいてきたので、その内容をみんなでシェアしましょうという会です。対象は限定していませんので、どうぞ、どなたでもご参加ください。

 

「ゆっくりさんとあるこう」は、幼稚園から小学校低学年くらいの発達障害児、グレーゾーンのお子さんを持つお母さんに向けた、家庭での子育てのコツをお話しています。講師は「NPO法人てとて 代表 西堀美和先生」です。

 

「感覚統合の視点で子どもの遊びと発達を見てみよう」は、定型発達、グレーゾーン、発達障害児、いずれの子どもであっても共通するお話だと思います。乳幼児期の「発達途中の子どもたち」の感覚のちがいについて学び、親をこまらせる彼らの行動が、やむにやまぬ理由があることを知ってほしいと思っています。

 

「うちの子どーする?」は、発達に不安のある中学生以上のお子さんの保護者の方を対象にした茶話会です。飲みたい人はアルコール持参してもオッケー、泣いてもオッケーな、楽になる場です。活発な情報交換も行われているようなので、進路に不安がある人は、話を聞いてもらいに行くのもありだと思います。

 

 

 

今週日曜(12/13)は、一日通して講座が開催されます。



家庭での、発達障害児の子育てに悩み、自信を無くしているお母さん。
こどもたちの特性を知って、この子たちにわかりやすい暮らしを組み立てましょう。


この子たちにわかりやすい「伝え方」を学びましょう。

 

そのために、家庭療育講座「ゆっくりさんとあるこう」をご利用ください。

 

また、この子たちが「やりたくない」「できない」ことの背景には、感覚の問題が潜んでいることもあります。
彼らの感覚の特性を学んで、かられが生きている世界を理解することから始めてみませんか?

「感覚統合の視点で子どもの遊びと発達を見てみよう」をご利用ください。

 

 

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。