2015年

11月

06日

自主保育たけのこ2015.11.06活動報告

11月6日(金)たけのこの活動報告です。
8組(大人8名 子供10名)の参加でした。

たけとんぼのHPをみて来てくれた初参加の二組(かわいい女子!)を加え、はじめは四組で山の道コースで谷戸へ向かい、お昼頃一組加わって、公園に寄り道をしてからたけとんぼへ帰りました。そこで遊んでいた三組と合流しました。

この日は小春日和!! 女の子達はだいだいのカラスウリやピカピカのどんぐりを沢山集めながら谷戸へ向かいました。谷戸では春の花がちらほら咲いている崖を転がって遊べました。帰り道は里芋の葉っぱを畑のおじさんにもらい、トトロの傘にしてたけとんぼへ。
あと一ヶ月で冬とは思えないあたたかさでした。

それにしても男子達は女子達とはペースが違い、走り去って見えなくなった…と思ったら寄り道遊びに夢中…の繰り返し。その弾丸ぶりに、電車と虫と(大きなカマキリも捕まえた!)食べられる木の実と以外に谷戸に興味はないのかと苦笑い。
しかし彼らは彼らの世界で、ちゃんと楽しみかたを知っているようでした。

男子チーム、お昼ご飯中もソワソワ。食べ終わると駆け出し、まずは垂れ下った木に乗っかってゆらゆら遊び。
わっさわっさと揺れる木に乗ったり、ぶら下がったり、振り落とされたり、果敢に挑戦してきます。
そのまま団地に上がっていく階段に行きたいSちゃんが駆け出し、いったん背の高い草のところでかくれんぼ。
階段を駆け上がり、団地を駆け抜け、そのまま一直線に公園まで!この日も特急列車になっていました。
アクティブにシーソーやすべり台で遊んでいると、下から女子チームが上がってきて合流したのでした。

その後は川沿いの道を歩き、たけとんぼに早目に戻ったので、お庭の柿を皆で頂きながら、帰りの時間一杯に遊びました。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。