2015年

12月

09日

おめめどうセミナー シェア会開催のご案内

またしても、新しい試みです。

みなさんは、「おめめどう」をご存知ですか?

自閉症スペクトラムのどこかに位置する子どもを育てるお母さんたちは、日々、ネットから有益な情報を

得ようとあちこち探していらっしゃるので、おそらく、ご存知の方も多いと思います。


視覚支援を中心に、「障害のある人の居心地いい暮らし」を応援する会社です。

その「おめめどう」では、


「トータルセミナー」(幼児期から青年期までの自閉症の子どもの支援をどう考えたらよいのかをお話してくださる会)、

「思春期セミナー」(特に難しい、思春期の子どもとの関わり方を取り上げて、幼児期からの支援をどのように変えていけばいいのかをお話してくださる会)


として、暮らしのサポートのあれこれを解説してくださっています。


今年、その二つのセミナーを運よく受講することができたので、社長の奥平さんの許可をいただいて、たけとんぼで内容のシェア会を開催したいと思います。


以下はフェイスブックにあげた情報をそのままコピーしました。


おめめどうセミナーシェア会開催します。

 

兵庫県丹波篠山にある、おめめどうは、社長の奥平さんが自閉症のご子息ダダくんを育てる中で学んだノウハウと、支援グッズを売る会社。

 

関東にいると、なかなか奥平さんのお話を生で聴く機会がなく、そのノウハウを書籍でしか読めないのですが、

 

幸いにして、今年、神奈川と埼玉で開催された「思春期セミナー」と「トータルセミナー」を受講させてもらえたので、より深く理解できたように思っています。

 

そこで、せっかくなので聞いてきたお話を、みなさんにシェアできたらと思います。

 

以下、概要です。

 

①日時  

 

12/9水 10:00〜15:00

  

②場所

 

横浜線相原駅徒歩五分子育ち支援基地たけとんぼ

 

③参加費

 

たけとんぼ利用料込みで千円

 

 

おめめどうに興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。

 

私の話は、奥平さんのお話の中で私の琴線に触れた部分を濾過して出てきたものですから、

この会で、本当に学びたいと思われた方は、直接おめめどうにつながってくださいね。

 

というわけで、これから資料をまとめ始めます。


「うちの子は聴覚優位と言われているから、視覚支援は必要ない」という思い込みを持っていらっしゃるお母さん、「これまでとってもいい子だったのに、思春期に入ってからいきなり大変になった」と思っていらっしゃるお母さん。


もしかすると、おめめどうのノウハウに、その解決のヒントがあるかもしれません。


参加をご希望される方は、どちらの日に参加したいかをご記入の上、こちらのメールアドレスまでお申し込みください。


 morusuke57@gmail.com



相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。