たけとんぼを使う時に、気にかけて欲しいこと

たけとんぼを利用する上で、注意してほしいことを書いておきますね。^_^
細かいことを言いますが、対策を講じるのに手をかけるより、使う人、一人一人に気をつけてもらえたら、と思ってます。
①春夏秋の間は、できるだけ飲食はテラスを使ってください。
アリさんが登ってきます。(´Д` )
雨や猛暑などの際は、室内で大丈夫ですが、その時は帰りに掃除機をかけて行ってください。
ゴキちゃんのエサを放置して帰らないでください。m(__)m
②帰る前に冷蔵庫チェックを!
置いてっていいのは、調味料くらいです。
カビの生えたコンビニおにぎりを棄てるのは、気持ちいいものではありません(´Д` )
生卵、牛乳も捨てたあと臭いからいやだなあ。
③トイレもチェック!
オムツはみんな、持ち帰ってくれてますが、使用済生理用品までは、気にしてないと思われます。
これも、あまり、気持ちよくないので、持ち帰って欲しいと思います。
④ふきんは持ち込みでお願いします。

食器棚に「ふきん」「台ふき」「ぞうきん」のかごがあります。
「ふきん」はもりのこ専用です。使った後、母ちゃんたちが持ち帰って洗濯してきてくれています。
レンタル利用されているみなさんは、ふきんは各自で持ち込みをお願いします。
台拭きと、ぞうきんは、水洗いで結構ですから、洗って乾してお帰り下さい。
そして、絶対に混ぜないでくださいね。

 

たけとんぼは、普通の公民館のように、お掃除や管理する職員が常駐していません。

なぜかというと、お金がないからです。(^_^;)
身も蓋もありませんが。
裏のお宅の原さんが、ご厚意で格安の家賃で貸してくださっているたけとんぼ。
運営しているのは、完全ボランティアの私と用務員さん、そして、年に数回、大掃除を企画してくれる、もりのこ母ちゃんたちです。
私たちは、この場所を無くしたくないと思っているので、無償で自分たちの時間を割いてたけとんぼのメンテナンスや会計や広報をしていますが、普段の生活もあり、行き届かないところや全くできないところもあります。

そういう部分は、利用してくださるみなさんに、お力を貸していただくしかない、と思っています。

いろいろ不便なたけとんぼですが、だからこそ、自由にできるところもあり、わたしは、この環境を愛しています。
どうか、みなさんにもご理解いただき、それぞれが少し心配りをお願いしたいと思います。
友だち追加 たけとんぼのLINEアカウントを取りました。 よろしければフォローしていただけると、情報の取りこぼしなどなくて済むかな、と思います。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。