2015年

8月

20日

十人十色研究会(いろけん)2015年度開催報告

2015年度の「十人十色研究会(いろ研)」が終わりました。

朝から夕方まで5時間の講座でしたが、
保育士の先生と、支援級経験もある育休中の小学校の先生と、
お二人の参加があり、深い学びの場になりました。

午前中は、ゆっくりさん(発達障害児)の世界はどんなものであるか、
その特性を学び、応用行動分析の基礎理論を教わりました。

お昼を挟んで午後からは、
その応用行動分析を実際の保育の現場に活かすにはどうしたらいいか、
をみんなで考えながら学びました。

私は、みわちゃんのこの講座を、前年度から合わせて5回以上聞いているのですが、
聞くたびに「おお!」と思うことがあり、
やっぱり、一度や二度の講義を聞いただけでわかった気になっちゃだめだなーと思います。

今回の講座で言えば、

「人の気持ちがわからない背景には、自分の気持ちがわからないから、という理由が潜んでいる。
ならば、まずは、自分の感情を意識すること、それが、なんという感情であるか理解することが大事で、
これが社会性の発達につながる」

というお話があり、なるほどー!と思いました。

先日、さがみ虹色ネットでも、

「感情を置き去りにしたパターンだけを覚えさせるSSTには、意味がないし、いずれ破綻する。
EQを高めるような教育が必要だ」

という趣旨の講演会を聞いたのですが、ここともリンクする内容で、
ちゃんと、子どもの立場に立った療育を心がけている人は、最終的に目指すところは一致するんだなあ、と思いました。

参加してくださったお二人の先生も、とても熱心な「子どもを第一に考えてくださる」先生で、
講座の合間合間に飛び交う質問や体験談が、また、良かったです。

参加して下さって、ありがとうございました。

いろ研の次回は、たぶん来年度になってしまいますが、
もし、この先、美和先生に相談したいことがありましたら、
いつでもご連絡くださいね。お待ちしています。^_^
写真は講座のお疲れ様アイスを食べに行った時の、美和先生!^_^

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。