プール開放五日目報告(8/7)

五日目の今日は、カブトムシでスタートした朝でした。

どういうことか?

庭の砂場に、カブトムシがひっくり返って半分埋まっていたのです。

最初、おなか側しか見えなかったので、

「巨大ゴキブリがいる!」と真っ青になって叫びだしそうになったのですが、

近くで見てみると、足も太いし、色も薄い??


ン―――??これは、カブトムシ?!


死んでいるのかとこわごわ触ってみると、足が動く。

生きてるじゃん!

という事で、あわてて台所にお砂糖を取りに行き、砂糖水でカブトムシ君を介抱したのでありました。



さてさて。


アナウンスが功を奏したのか、ようやく定着してきた感じのある、たけとんぼプール。

今日は、びっくりするくらいたくさんの子どもたちがやってきてくれました。


先週に続いて、なぜか金曜日はつちのこデイ。(^-^)

母ちゃんたちが、たけとんぼの中で会議をしている間、大きなプールを思い切り使って、大騒ぎ!

それはそれは楽しそうに、子どもたちの世界を満喫していました。

プールの空気を上の段までパンパンに膨らませたのが面白かったみたいで、そのうえで、ビヨンビヨン跳んだり跳ねたり、キャーキャー言いながら楽しんでいました。

 

そして同じくらい今日も人気だったのが、ペットボトル温水器から出てくるあったかいお湯。
これを、体にかけあいながら「あったかーい」と言い合いゲラゲラ笑う、という

見てると混ぜてほしくなっちゃうような遊びを延々やっておりました。

 


お昼ちょっと前に、一歳にならない赤ちゃんが二人到着。
大きなプールは、遊びが盛り上がっており、赤ちゃんが入るのは辛そう。


入れるかなーと赤ちゃんをそうっと入れてみたら、怖かったのかびっくりしたのか、泣いてしまったのでした。

 

そこで、急きょ赤ちゃん用にもう一つプールを用意。

水深10センチくらいの浅いプールは、お水がすぐにお湯になっちゃうくらいでしたが、

赤ちゃんたちは、興味深そうにお水の感触を楽しんでいたようでした。

 

お母さんも一緒に入れると、安心して遊びだす子もいるので、できるだけ、

お母さんも水着で来られるといいなあと思うんですが、どうなのかなー。

ただでさえ、赤ちゃん連れで大荷物なのに、自分の水着やバスタオルまで用意するとなると、大変かな。

 

でもね。

赤ちゃんも暑そうだけど、お母さんも暑そうで、お水に入ったらいいのにねえと、毎年思うのです。
良かったら、水着持っておいでね。

 

大きい子たちは、プールとテラスを行ったり来たりして、ハンモックに揺られたりおやつを食べたり。


お母さんたちもくつろいで、ゆらゆら。。

それから、初めて会った人たちも一緒に仲良く、そうめんのお昼ご飯を食べたのでした。


その間に、プールの水替え。

出たり入ったりして、あっというまに水が泥色になっちゃったので、

いったん水を抜いて、プールを洗い、お水を入れなおすのです。


その間の泥プールも子どもたちには、楽しい遊び。
強者は、ここでも泳いじゃう。(笑)

そうして、あらたにプールに水を入れ直し、大きい子たちの水遊びは午後も、思いっきり続いたのでした。



そして。。ね。

 

こんな楽しそうな写真を見ちゃうと、制限するのはどうかな、って思うんだけど。

 

やっぱり、たけとんぼのプール開放の目的は、

 

オムツの赤ちゃんたちに水遊びをさせてあげたいってことなんです。

 

大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんがいると、赤ちゃんをかわいがってくれて、助かることもあるんだけど

 

そして、年上の子どもを育てているお母さんに話を聞けると、

 

赤ちゃんのお母さんは安心することもあるんだけど、

 

せまいたけとんぼで、大きな子と小さいな子が一緒に水遊びをすると、

 

小っちゃい子が怖がって遊べないことが多いのです。

 

小っちゃい子を優先すると、大きな子は思い切り遊べなくて、つまんないだろうし

 

大きい子の遊びを思い切りやらせてあげたいと思うと、

 

せっかく暑い中重たい荷物と赤ちゃんを連れて、


わざわざやってきたお母さんは、遊ばせてあげることも出来なくて、

 

がっかりして帰ることになっちゃう。

 

一緒に楽しく遊ばせてあげることができないのは、私の技量が足りないからなのかな、と

 

悩んだりもしたのだけど、実際にできないものはできないのだから、

 

悩んでも仕方ないと思いました。

 

それより、始めた時の、自分の気持ちを大事にしたいと思うのです。


オムツが取れた子たちは、公営プールでも、川遊びでも

 

どこでも連れて行ってあげられますが、

 

どこにも行けない、夏のお母さんと赤ちゃんを、何とかしてあげたくて始めたのが、

 

たけとんぼプール開放です。

 

だから、申し訳ないのだけど、たけとんぼのプール開放は、

 

オムツの赤ちゃんと、そのお兄ちゃんお姉ちゃんまで、とします。

 

大きな子は、プール開放をしている月曜金曜以外に、

 

たけとんぼを予約して、思い切り水遊びをさせてあげるか、

 

公営のプールなどで夏を満喫してください。

 

月曜と、金曜だけは、自由に水遊びができない赤ちゃんたちのために、

 

たけとんぼを貸し切りで使うことを許してほしいと思います。

 

ご理解の上、ご協力をお願いしたいと思います。

 

ごめんね。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。