2015年

6月

28日

美和ちゃんの子育て講座「こどもは何にも悪くない」開催報告(2015.初夏)

「小っちゃいから、言ってもわからないと思って、怒らずに来てしまいましたが、私の育て方が間違っていたのかと思って自信が無くなります」

講座をやろうと思ったきっかけは、このお母さんのひとことからでした。

そんなに、しょんぼりしなくてもいいのに~、あなたが頑張ってることは知ってるよ、大丈夫だよ、って言いたくなりました。


でも、そのままでいいって言われても、こればっかりは心が晴れませんよね。

今、困っているこどもの問題行動を、どうにもできない自分に途方に暮れているんだもの。


***


ちびさんは、自分の欲求にとても素直です。
やりたいことがあれば、突き進むし、やりたくないことは、頑として拒否。
親はそのたび、右往左往し、ある時はなだめすかし、ある時は力づくで無理やりこどもに正しいと思うことを教えようとします。


でもね、言葉もろくにわからないちびっこに、「善悪」のしつけを言い聞かせて施そうとしたって、うまくいくわけないと思うのです。

どうしたらいいんだろ?言葉がわかんなかったら、こどもに良い行いを教えることはできないのかな?

そんな時、みわちゃんの教える「応用行動分析」に出会いました。


ゆっくりさんとあるこう」で美和ちゃんのおはなしを聞くにつれ、これは、自閉傾向のあるゆっくりさんだけでなく、言葉が通じない乳幼児に使える理屈だよ!と思ったのです。


そこで、もりのこ母ちゃんたちを対象に、二回にわたる「子育て講座」を開催してもらったのでした。

★応用行動分析についての説明は、検索すればたくさん出てきますので、説明はそちらに譲ります。
今回は、その効果を実証してくれた、もりのこ母ちゃんたちの感想をたくさん載せたいと思います。


なお、講座には総勢18人の母ちゃんが参加してくれました。


子育て講座「こどもは何も悪くない」 参加者感想

4月に幼稚園に入った娘、自分のお着替えもダラダラ、今まで自分でやりなさいと突き放してことも多かったですが、講座を受けてから少し手伝ってあげてわぁーできたねと褒めてあげるとうれしいようで自分でやるようになりました
できないからおこってばかりでなく寄り添ってあげることの大切さを今まで以上に感じることができるようになりました

*****

言葉を話せて来始めてるが、まだ手が先に出てしまう我が子に悩んでいました。

しつけって、何?って、どう伝えてあげたらいいのかな?ってちょっと悩んでいました。

講座は、例えを出して話してくれたので分かりやすかったです。
ちょっと、言い方を変えてみて、接してみたいと思います。
あっという間に講座が終わってしまいました。
もっと、お話が聞きたかったです。
ありがとうございましたm(_ _)m

*****

ヤンチャな3歳の息子にイライラする事があるためその対処方法でもないかな~と軽い気持ちで参加したこの講座。
実際受けてみると分かり易いし楽しいしワクワクしながら聞いていました。
「行動+褒美→行動の増加」なるほど~!早く帰って実践してみたい気持ちになりました。
お母さん方の質問も「うちもそうだよ!」と同意する内容が多く、それについて話すことによりさらに解決できることが増えるという素敵な事だらけでした。

爪をかんでしまう息子にかんでないときに褒める!を実践。
→効果あり。次の日、朝起きてきていきなり「今日は爪をかんでないよ!」と一言。その後も爪をかんでないことを、アピールしてくるように。
靴履くときにできないという息子に対し途中まで手伝い最後を自分でやらせできたことを褒める!を実践。
→効果あり。もう片方は、自分でできるよと勝手に履き始めた。その後も一人でやるように。

受講して以来、イライラする事が激減しました!
本当にありがとうございました。

*****

2歳過ぎたあたりから情緒不安定で暴力的になり、そんな息子の事を親族からもちょっとおかしいんじゃないか?と言われ自分の育児に自信が持てませんでした。更に幼稚園に入ってからはお友達にケガをさせた、きちんと座れない、突然発狂するなどなど先生から電話がかかってきてはつい苛々して息子に強く当たってしまう日々。この毎日をなんとか出来ないかと思い参加してみようと思いました

講座は絵や例えを出して説明してくださり、分かりやすかったです。ちょっと分からないときは質問をすると丁寧に答えてくれて、周りのお母さんとも経験談や失敗談を話す時間も取ってくれていたので「あぁうちだけじゃないんだ」って思えました。更にそこからじゃあどうしたらいいのかな?って話が出来たりで本当に今知りたいことを話して聞くことができました。

肯定的指示やスモールステップはとても参考にしやすくて今、実践しています。
そのおかげで、朝の園服へのお着替えは全部一人で出来るようになりました!
まだまだイライラすることも多いし、母親として反省することも多いですが少しずつ実践していって息子の育ちやすい環境、話しやすい環境を作っていけたらいいなと思っています。
みわ先生の話を聞いて子どもの我が儘や駆け引きが可愛いく思える時が増えてきました。
本当にありがとうございました!
今悩んでるお母さん達はもちろんですが、これからイヤイヤ期に向かっていく子のお母さん達にも是非おすすめしたい講座です。
私ももっと早く出会いたかった…

*****

イタズラが大好きで常に返事はNOの素直じゃない1歳7ヵ月の次男の子育ての参考にしたいと思い参加しました。
理論的に説明してもらえたので分かりやすく、自分の子育てを再確認することが出来ました。
「選ばせる」はうちの子達には効果的で、(一緒にいっぱい遊ぶ→添い寝なしの選択で)初めて子供達だけで寝ることができました。
また、普段できてる事を誉めたり、バグやハイタッチを取り入れたことで長男(3歳)の顔に笑顔が増えました。
疑問に思っていたことを聞けたり、子供の事を皆で話せて有意義な時間でした。

*****

まず講座を受けるにあたって、美和さんから頂いたプリントのタイトルを見てまず、ハッとしました…😅「子どもはなにも悪くない」
毎日、娘の癇癪や泣き声にイライラして、親子で機嫌悪い日々が続いた2歳の頃…。それは私のせいかも…。
もう少し早く知りたかったぁ~。正直そう思います。ごめんね。
講座のあとに実践したのは、食事の時に足をテーブルに乗せてない時に褒めました。そうしたら次から、ママ見て!ちゃんと足を下にしてるよ!と自慢気に報告してくるようになりました✌
そして、幼稚園の制服もお手伝いしながら楽しくステップアップしてやっていたら、全て娘自身でできるようになりました!
子どもは楽しいことが大好き!本当にその通りですね🎵
美和さんがとっても楽しくわかりやすく教えてくださったので、私にもできるかな!やってみよう!と思えました✨
ありがとうございました。
子どもの不機嫌には必ず意味がある。当たり前ですが、パッとさせられました。
娘にとって収支が合うようにこれからも頑張りたいと思います。
とても楽しく、そしてこれまでの子育てを振り返られる時間でした。

*****


因果関係をはっきり子供に伝える、というのがとてもためになりました。

物を取ったら、返さなきゃダメ。
「かーしーて」が言えたら、褒めてもらえるし、物が使える(こともある)。

全ての出来事を簡潔に示すことで、まだ幼い子どもにも「伝える」ことができるということを改めて認識できました。

「子どもは楽しいことが大好き」。
私も頭の体操だと思って、意識して楽しい選択肢を示していきたいなぁと思いました。

*****


私は、兄(4歳)のたまにくる無気力宣言、たとえば「今日は幼稚園に行かないから、着替えもしないしもご飯もたべないから」とか、弟(2歳)には何度も同じことを叱っている自分に嫌気がさしていました。

兄に対しては、朝の忙しい時にグズグズしないと叫び、弟にはイヤイヤ期だからこんなにもダメということをやるかと半ば諦めモードになることもありました。イライラすることが多くて叱り方が分からなくなっていました。
 
美和先生の「子供は何もわるくない」からはじまった講義は、否定ばかりの叱り方をしていた私に、楽しい結果をヒモづけた思考提案をすることで、子供も私も明るい気持ちにしてくれるものになりました。

行動→褒美→活動の増大、という言葉に本当に納得できたし、私の発言で活動の減少につなげていたなと反省もしました。

一つの行動のスモールステップを意識してバックチェイニングして、「できた」という感覚をもたせることを、弟の着替えに取り入れてみました。たいてい真っ裸でしばらく踊り、いつもその時点で「早くオムツとズボンをはきなさい」とイライラしていた私ですが、ズボンをはけた弟と「やったね、自分ではけたね」って親子で笑顔でいることができました。

「子供は楽しいことが大好き」本当にそう思います。そして、私自身が、子供のできたよ~とか、ぼくすごいでしょとか、笑顔で話してくる我が子の顔が大好きなことを気づかせてくれました。

まだまだイライラすることもありますが、一呼吸して実践をふやしていきたいです。

本当にありがとうございました(^^)

*****

こどもに対する自分の行動や言い方に、これでいいのかな?やっぱりこう言えば良かったかな?と日々考えてしまいます。
ごほうびという言葉に少し抵抗があったけど、モノではなくて褒めることだったり抱き締めてあげることだったり、一緒に遊ぶことだったり。そうかそうか!目から鱗。

怒るのもしつけかしら?なんて思ったり思わなかったりしていたけど、怒るのも言い方次第なんだと今回教わりました。
こどもは何にも悪くない、本当にその通りですね。ちょっと視点を変えて、嫌なことが楽しく出来るように、これからはそうしていきたいです。子どももママもhappyになりますね。
今回はありがとうございました。

*****

嫌なことや、気持ちを伝えるときに言葉でなく泣いてアピールする娘に困ってました。
講座の後、転んで泣かないとき、泣かないで気持ちを伝えられたとき、泣かないでできたねと意識して褒めました。次の日から娘は、泣かないでできたよと笑顔で教えてくれるようになりました。
指しゃぶりが治らず困っているママ友にも、していないときにほめる方法を教えたら、指しゃぶりをしてないときにアピールしてくるようになり、親子で笑顔が増えたありがとうと言われました。

因果関係をはっきりさせることも目からうろこでした。
子どもに嫌われないよう怒った後にお菓子あげたりしてる自分に気づきました。よい行動の後にはよいことが起こる、悪い行動の後には悪いことが起こる納得!

「こどもは楽しいことが大好き」大人も楽しいことが大好き。あたしも嬉しいことを子供に報告しながら親子で日々を楽しめる関係になっていきたいです。

まだまだ、イライラすることも多いですが、子供達、自分の笑顔が増える日々を過ごしたいです。

*****

動機と褒美の関係、喜びの共有が出来ることの素晴らしさ、因果関係の交錯など、目からウロコ話が盛り沢山でした
子供が必要としている期間の貴重さなど漠然とわかっているつもりでしたが、実際に勉強され子育てのご経験のある方の言葉なのでとても心に響きました
2択作戦は今までうまく行かなかった原因に納得しすっきりしまし
早速実践してみると、案外スムーズにいってこれはスゴい!と苦痛だつた時間が楽しくなってしまいました
しかし、本人のこだわりがあったり機嫌が悪いと、収支が合わないのかどちらも選べず黙りこくってしまい、だいぶ時間をおいてからあっちの案の結果になるのは嫌だと大泣きして、○○するーと決め出すこともあり、子供の心の難しさも同時に味わっています
イヤイヤ大混乱や困った行動に対してそういう時期だと諦めてた部分もあったのですが、講座を受けた事で、親の働きかけ一つで状況を変えることができる方法を学べたし、それを試行錯誤することで心に余裕がうまれたり客観的に考える事が増えたので、参加できて本当に良かったです

貴重な機会をありがとうございました

美和ちゃん、もりのこ母ちゃんたちに指針をありがとう!

また宜しくお願いします。

最後に、ステキな先生、みわちゃんのブログはこちら


相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。