2015年

6月

12日

自主保育たけのこ2015.6.12活動報告

6月12(金)たけのこの報告です。

参加者は19名(大人7人、子供12人)

(もりのこ以外も含む)


この日はうちの6歳長男も園が午前保育のため、午後から参加。

私はちょっと遅い時間からの変則スタートでした。


たけとんぼに着くと、賑やかな声。

わりと男児の参加率が多いたけのこにはめずらしく、女児多数~。うちの息子たちはすぐに一緒に遊ぼうと、ナンパしていましたよ(笑)

先にきていたみなさんは、キャラクターの顔のホットケーキを焼いておりました。

砂場で遊んだり、室内の押し入れでキャッキャと何やら楽しげに遊んでいたり、食べるのがもったいないようなかわいいキャラクターのホットケーキを食べたり、うちの長男はカエルのエサになる虫を近くに採りにいったりと、今日はのんびりたけとんぼ近辺で過ごすのかなぁ~と思いつつ、やっぱりしばらくたって谷戸に向かいました。


木登りをすると、丸山団地内の公園へ向かいます。

まったりとすべり台やシーソーで遊びます。

すべり台では上から団子のようにかたまって「連結っ!」と言いながら滑りおり、今度は下から順々に登っていき、また団子になって滑り下りてきます。

藤棚にぶら下がっている細長いサヤ(?)を拾ってパキパキ折るけど、何もでてこず(笑)


そしてSちゃんがすべり台を滑り下りていったところでアクシデント!

つんのめって、転んでしまったのです。

一瞬、公園の空気が固まります。

Sちゃんはその場で転んだ姿勢のまま、大声で泣いています。

子供達がSちゃんの前に集まり、しゃがんで泣いているのを見つめていました。

声をかけるでもなく、笑うでもなく、みんな何を思っていたんだろうね。

お母さんに抱っこされたSちゃんの頭を、妹がそっとなでなでしていました。

この日一番印象に残った場面でした。


帰りは畑のおじさんから大きなズッキーニをいただき、みんな一本ずつ持って歩きました。

それを踏切にしながら歩き、、、なかなか開かない、開かずの踏切でした(^^;


その後たけとんぼでは、色のついた氷でも遊んだよ~。

遅い時間からの参加でも、結構盛りだくさんな日でした★

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。