自主保育たけのこ2015.6.5活動報告

暑くなってきたかわらけ谷戸です。
でも、桑の実、サクランボ、トウグミなど、美味しいものもたくさんあるよ。

今日のほうこくは、みやぞうです。
重たい赤ちゃん背負っての活動、大変そう?いや、いや、楽しいからやれるんだよ。ほんとだよ。(^-^)

6月5日(金)たけのこの報告です。

参加者は14名(大人6人、子供8人)


先発組はたけとんぼから子供4名のスタート。

この日はたけとんぼのご近所から、抱っこの赤ちゃんNちゃんが参加してくれました。


ちょっと涼しい曇り空。

秘密の道から山を越えて丸山団地の方から谷戸へ向かいました。

男児3名(Yくん、Sくん、Rくん)がそれぞれ一つづつ電車のおもちゃを持って、ときどき地面を走らせながら坂道を登ります。

1人が道に寝そべって電車を走らせると他2人がすぐそれに続いて走らせます。

丸山団地の公園ではシーソーの上も線路になります。この日はその電車のおもちゃをもったまま3人で絡み合いながら、ときどき、もめたりケンカしたり、持ってた電車が入れ替わりながら(笑)<

男児3人キャッキャとはしゃいで、あまり大人が介入せずとも笑いあって、とにかく楽しそうでした★


娘Aとは遅れて、たけとんぼに到着。砂場で砂遊びを楽しんだ後、谷戸へ。途中、バッタを捕まえたり、だんごむしを捕まえたり。谷戸の広場に近づくと

「おーい」「おーい」と坂を駆け足でのぼりましたが、みんながいなくさみしそうな顔をしてました。

公園かな行ってみようかと娘を誘い、近くの公園に向かうと、男児3人の笑声が!

娘もみんなを見つけ嬉しそうでした。


谷戸では少なくなった桑の実をまだしつこく物色っ。

必死に桑の実を取っては口に運ぶ子、警戒心バリバリで実を取っても自分の口には運ばず他の子にあげちゃう子、桑の木の中でかくれんぼして遊んでみたり、遊び方もそれぞれでした。

そうそう、桑の木の葉っぱにカミキリ虫(キマダラカミキリと思われる)をみつけました。

アジサイもホタルブクロもこの日は咲き始めていましたよ。


たけとんぼに帰る途中、シロツメクサの冠を持ったUちゃん、抱っこのOくんと合流。

Uちゃんは谷戸に行こうかたけとんぼに戻ろうか迷い、娘Aとたけとんぼへ。

女子2人は、たけとんぼに帰る途中も、たけとんぼに着いてからも、葉っぱを取ったり、お腹を見せ合ったり、砂遊びしたり、きゃっきゃ、きゃっきゃと女子トークを楽しんでました。

相模原市内にある常設のプレイパーク。

日曜、月曜、水曜が開園日です。

詳しくはリンクをクリック!

 

 

 

 

銀河の森プレイパークで活動する、ママと小っちゃい子のための青空外遊びの会「もりのこ」。就学前のお子さんであれば、どなたでもご参加いただけますよ。

発達障害を持つ中学生の親御さん対象のおしゃべり会です。
どんな人たちが、どんな気持ちで運営しているのか読んでみてください。

ご存じ、音楽療育家の西堀美和ちゃんが小田急相模原で開設しているゆっくりさんたちのための教室です。NPO法人てとて。

感覚統合について学びたい方へ向けた、出張講座を承っております。こどもに関わるお仕事をされている方、育児サークル、何でも五名以上で伺いますよ。